39works

NEWS/EVENT ニュース/イベント

EVENT

IoTベンチャー育成プログラム「TechUP Makers」のキックオフが開催されました

IoTベンチャー育成プログラム「TechUP Makers」のキックオフが開催されました

プロダクト開発とビジネス化を支援するプログラム「TechUP Makers」をご存知でしょうか。プロトタイプ開発のエントリーを募集し、採択されたチームには、10月以降4回に分けて、日本のものづくりやIT業界を代表する方々からのメンタリングを受けるIoTベンチャー育成プログラムです。

ICTの次世代を担うスタートアップや人材の育成により、イノベーションを促進させることを目的とし、一般社団法人ブロードバンド推進協議会と(株)ハタプロが共催で運営、39Meisterがメンターの一員として参加しています。

そんな「TechUP Makers」のキックオフが、2016年7月11日にソフトバンク本社にて開催されました。

キックオフでは、審査員長のヤフー(株)の村上氏がプログラム参加者に期待することをコメント。また、チーフメンターを務めるハタプロの伊澤氏が、本年度のプログラム内容について説明されました。その後は(株)ヴェルト 代表取締役 CEO 野々上氏をゲストに迎え、代表的プロダクトであるウエアラブルプロダクト「VELDT」の開発ストーリーを語っていただき、村上氏とのトークイベントもありました。
昨年度は前身となる「Field TechUP Program」を開催し、11チームが参加しています。そのうちの5チームがDemo Dayで発表のうえ事業化に歩みを進めています。

昨年度のグランプリを受賞したのは、IoTデバイスを粘土で包みおもちゃにするという「Nellco(ねるこ)」。「Nellco」を作り出した(株)FIVEの石井氏より、顧客開発やプロトタイプ作成の支援を受けられたことや、プログラムに参加したことでが法人化や優秀な仲間との出会いに繋がり、サービス化に向けた第一歩を踏み出せたという体験談をお話しいただきました。現在も、39Meisterが支援を行っています。

昨年度Demo Dayの様子はこちらから
https://www.39works.net/Wp/fieldtechupprogram_1005/

39Meisterは、昨年度に続いてメンターとして参加し、プロトタイプ作成や顧客開発などを通して、プロダクトのブラッシュアップを支援します。本年度も様々な支援を受けられますので、IoTプロダクトを開発中のみなさま、ぜひご応募をご検討ください。

IoTベンチャー育成プログラムのご応募はこちらから(2016年9月15日締切)
https://techupmakers.jp

Related NEWS/EVENT/COLUMN 関連ニュース / イベント / コラム

MORE