39works

キーワードから検索

    NEWS/EVENT ニュース/イベント

    NEWS NEW

    プログラミング教育サービス「embot」が、ドコモの最先端を伝える『docomo open House’22』に出展

    プログラミング教育サービス「embot」が、ドコモの最先端を伝える『docomo open House’22』に出展

    2022年1月17日〜19日、ドコモの最先端技術や多様な取り組みを紹介する「docomo Open House ’22」が開催されました。今年もオフラインのイベント会場ではなく、特設のウェブサイトに230を超えるプロジェクトが集結。各プロジェクトの概要や現在の活動状況、今後の展望などを共有しました。

    本記事では、39works発のプロジェクト「embot」の展示内容について、お伝えします。

    工作気分でプログラミング体験ができる「embot」

    「embot」は、直感的な操作でロボットを組み立てながら、電子工作やプログラミングの基礎を学べる教育サービスです。「もっと身近にプログラミングを感じてほしい」というドコモ社員の思いから誕生しました。ダンボールと簡単な電子部品を組み合わせ、タブレットでプログラミングをし、自作のロボットを動かすことができます。

    2019年には文部科学省・総務省・経済産業省が官民連携で実施した「未来の学び プログラミング教育推進月間」で実際に教材として使用されました。2020年度にはプログラミング教育が小学校で必修化されるなど、プログラミング教育市場の大きな成長が見込まれます。今後、「embot」は企画開発やプログラミング授業の企画運営に加え、スクール事業やEC事業も展開し、プログラミング教育市場へ本格参入する予定です。

    「embot」の詳細については下記リンクからご覧いただけます。

    https://www.39works.net/service/embot/

    39worksでは「docomo Open House ’22」に出展を行ったプロジェクト以外にも、多数のプロジェクトが進行中です。ご興味のある方はぜひ、こちらもご覧ください。

    https://www.39works.net/service/