39works

キーワードから検索

    NEWS/EVENT ニュース/イベント

    NEWS

    プログラミングを手軽に楽しく学べる!ダンボールロボット「embot(エムボット)」の製品版が販売開始

    プログラミングを手軽に楽しく学べる!ダンボールロボット「embot(エムボット)」の製品版が販売開始

    株式会社NTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」でプログラマーチームが主導して技術開発を実施した、プログラミング教育用ダンボールロボット「e-Craftシリーズ embot(以下、embot)」の製品版が、2018年9月13日より公式サイトにて販売開始しました。株式会社イーフローがNTTドコモと協業して、embotのサービス提供・販売・運営を担います。

    embotは、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学び、そのロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミングを通じて子供でも簡単に操作することが可能なプログラミング教育用ロボットです。「プログラミング教育に、実践的で安価な教材を」という考えから、実践的でありながら誰でも手軽に楽しく学べるスターターキットを目指して開発されました。

    大好評だった先行体験版に改良を加えた製品版

    2017年7月に実施したembot先行体験版の販売実証実験は、当初予定の5倍以上の注文が殺到し、大好評のうちに終了。購入者向けに実施したアンケートやインタビューでは95%以上の高い満足度を記録しました。製品版は、先行体験版の利用者のフィードバックを反映し、さらなる機能やサービスの強化・改善を実施しています。

    製品版では、ダンボールロボットの組み立てやすさを向上させ、より簡単に、素早く完成させることが出来るように改善したことで負担を軽減。また、プログラミングを通じて動かすことが出来るパーツや箇所を増やしたことで、より幅広い動きを実現させることを可能にしています。

    ハード以外に、ソフト面でも改善を行いました。子供が一人でも学習を進められるようにチュートリアル動画などの学習コンテンツを充実させるとともに、プログラミングの学習状況をチェックしながら楽しくステップアップ出来るドリル形式でも学べるようになっています。

    製品版では、子供たちが学びやすいだけでなく、子供たちにプログラミングを教える教員の方々にとってもより安全に、より簡単に授業を展開出来るようにマニュアルやカリキュラム、サポートの充実を目指した改善を行いました。

    全国でプログラミング教育のワークショップを実施

    embotは、これまでに全国の様々な地域の科学館や自治体が主催するイベント、その他子供向けイベントで導入していただき、プログラミング教育のワークショップを実施してきました。

    子供向けワークショップの開催数は、先行体験版の販売以降の1年間で約50回以上、2018年夏期だけでも16回以上に登ります。

    教育・学校関係者の方々からもプログラミング教育の授業を展開する先生向けのワークショップも多数のご相談をいただき、2018年夏期のみで全11回実施しています。

    embotの事業責任者は、製品版をリリースするにあたっての意気込みをこのように語っています。

    「embotに触れた人の創造力が膨らみ、初心者でも楽しみながらつくりたいものをすぐにつくれるように、と想いを込めて開発しています。ぜひ多くの方がembotをきっかけに、楽しくものづくりをしていただけると嬉しいです」