39works

キーワードから検索

    NEWS/EVENT ニュース/イベント

    NEWS NEW

    水道メーター検針の遠隔化が可能に。39MeisterがLPWAを活用した実証実験を長野県大町市で実施

    水道メーター検針の遠隔化が可能に。39MeisterがLPWAを活用した実証実験を長野県大町市で実施

    株式会社NTTドコモと株式会社ハタプロが共同で運営している39Meister事業の39Meisterチームと、長野県大町市、株式会社ケイ・オプティコム、株式会社グリーンハウスは共同で、水道メーター検針を遠隔で行うための実験を、LPWA方式のひとつであるLoRaWANを利用して実施しました。

    実験の結果、大町市内の3軒の実際の住居におけるデジタル水道メーターの検針データを、大町市役所本庁舎に対してLPWA通信によって長距離伝送を行うことに成功。水道メーター検針の遠隔化が可能であることを確認しました。

    今回の検証に際し39Meisterチームはオープンイノベーションの一環として、リーン型開発手法を導入したハードウェアの設計・開発技術と、ケイ・オプティコムのLoRaWANネットワーク構築技術、グリーンハウスのLoRaWANモジュール搭載デバイス開発のノウハウを融合し、長野県大町市と共同で課題解決に取り組みました。

    ※リーン型開発手法とは、市場のニーズを探りながら仮説検証を繰り返し、短期に開発を進める手法になります。

    労力と時間がかかっていた目視の水道メーターの検針作業を遠隔で

    実験を行った長野県大町市は、住居や集落が北アルプスの山中にも点在しており、さらに冬季には多くの雪が積もります。そのため、水道をお使いの各家庭まで訪問し、目視で行ってきた水道メーターの検針作業はこれまで多くの労力と時間を必要としていました。

    今回、39Meisterでは、デジタル水道メーターの検針データをLPWA通信によって送信する機器を新たに開発。このスマート水道メーターからの検針データは、ほぼリアルタイムで大町市役所に送られます。

    実験では、実際の住居3か所において、既存水道メーターと置き換える形でスマート水道メータを新設。さらにデータ伝送のためにケイ・オプティコムが開発したLoRaWANゲートウェイとプラットフォームを使用し、LoRaWANネットワークを各住居と大町市役所との間に構築しました。

    今回の実験により、各家庭における水道の使用状況を遠隔にて常時監視することが可能であることを確認できました。気象条件等にも左右されることなく安定した通信が可能であり、冬季にはスマート水道メーターの設置部分に対して積雪がありましたが、その間でも通信品質に大きな影響がありませんでした。

    今後は、リアルタイムに水道の利用状況が分かる利点を活かし、水道利用量の見える化による各家庭への節水の動機づけや、一人暮らしの高齢者のゆるやかな見守りサービスなど、本実験結果を応用するサービスも期待できます。