39works

NEWS/EVENT ニュース/イベント

NEWS

投資管理サービス『マイトレード』正式版アプリの提供を開始

投資管理サービス『マイトレード』正式版アプリの提供を開始

株式会社テコテックとNTTドコモは、ドコモの新規事業創出プログラム「39works」のもと、個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」の正式版を2017年11月20日(月)より提供開始します。

ユーザーからの声を反映して開発してきた「マイトレード」

「マイトレード」は、個人投資家の投資管理に特化したFinTechサービスです。ユーザーが対応証券会社の証券口座を登録すると、平日夕方・夜間に証券会社サイトより情報を取得し、資産推移や取引履歴等をグラフやリストで確認できます。その他、利益確定/損切りアラートによる自己管理や、自身のトレード傾向の分析などを行うことも可能です。

これまでマイトレードの開発チームは、39worksの「小さく生んで大きく育てる」理念のもと、自らの戦略・判断で株式等を積極的に売買する「自分で投資」を好む個人投資家に向けてベータ版の「マイトレード」を提供し、フィードバックをいただきながら改善を図ってきました。

その結果、25人以上の億トレーダー、500人以上の数千万トレーダー含む、3500人を超える個人投資家の方々に証券口座をご登録頂き、さらにはウィークリーアクティブ率(WAU)が60%を超え、多くの方に継続いただくことができました。

ベータ版をご利用いただいた個人投資家の方々からは、株価チャート上での取引履歴の表示や、銘柄ごとの損益集計が好評を得ています。さらに今回の正式版リリースに合わせて、ドローダウン(下落幅)分析や保有期間分析等の新機能が加わりました。

23722175_1467727503312918_186696128_n

正式版では、基本の機能が無料で使えるFreeプランに加えて、月額500円で利用できるBasicプランも容易しました。Basicプランでは、取得できる取引履歴や資産推移、分析レポートの対象期間に制限がかかりません。

100万人の個人投資家ユーザーの獲得を目標に

ベータ版の提供を行ったことで、ユーザーの年齢層は40代以上が40%以上を占め、スマートフォンアプリを主軸としたサービスとしては珍しいミドル・シニア層からの強い需要も確認できました。

こうしたユーザーの実態とサービスへの流入・定着状況から、潜在的な利用者層、一部の資産でも自己判断で投資を行う個人投資家は非常に多いと考えています。そのため、今回の正式版のリリースにより、3年間で100万人の個人投資家ユーザーの獲得を目標としています。

今後も、ユーザーの意見をもとに、積極的に管理・分析機能の追加、対応金融商品の拡充を行い、「貯蓄から投資へ」という社会的な課題、証券市場の活性化に貢献していきます。

KEYWORD