39works

NEWS/EVENT ニュース/イベント

NEWS

【メディア掲載】外部との爆速コラボはどう実現してる?「週刊アスキー」に39worksのメンバーが登壇したイベントの様子が掲載!

【メディア掲載】外部との爆速コラボはどう実現してる?「週刊アスキー」に39worksのメンバーが登壇したイベントの様子が掲載!

2017年3月21日に開催されたイベント「IoT&H/W BIZ DAY 3 by ASCII STARTUP」に39worksのメンバーが登壇し、その様子をレポートした記事が『週刊アスキー』に掲載されました。

「IoT&H/W BIZ DAY 3」は、アスキーが主催するIoT/ハードウェアスタートアップのビジネスイベントです。イベント当日は、5つのトークセッションの他に、ハードウェア/IoTスタートアップによる展示、実機デモ、物販などが行われました。

39worksのメンバーが登壇したのは、4番目のセッション「ドコモ39階で何が起きているか? オープンイノベーションで挑むハードウェア創造手法」。本セッションでは、「スマートパーキング」、「神戸市見守りサービス」、「ここくま」の3つのIoTプロダクトの担当者と、「39Meister」のメンバーが登壇しました。

それぞれのプロジェクトを代表して登壇したのは、スマートパーキング プロダクトマネージャー 島村奨、神戸市見守りサービス 加納出亜、ここクマ プロジェクトリーダー 横澤尚一、「39Meister」共同代表の菊地大輔と伊澤諒太氏です。

トークセッションでは、彼らが各プロジェクトを紹介した後に、パネルディスカッションが行われました。ディスカッションの内容は、以下のようなトピック。

「ドコモのブランドをつけて事業を展開するのか」
「プロジェクトの外部パートナーをどのように選ぶのか」
「社内を説得するために何をしているのか」

みなさん、なかなかお伝えする機会のない39worksの新規事業創出の内幕をお話してくださいました。詳しく知りたい方はぜひ記事を読んでみてください。