39works

キーワードから検索

NEWS/EVENT ニュース/イベント

NEWS

横浜市と共同でRepl-AIを導入したチャットボットサービス「イーオのごみ分別案内」の実証実験を開始しました。

横浜市と共同でRepl-AIを導入したチャットボットサービス「イーオのごみ分別案内」の実証実験を開始しました。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、横浜市と共同でチャットボットを利用した「イーオのごみ分別案内」の実証実験を2017年3月6日(月曜)から開始しました。

「イーオのごみ分別案内」は、横浜市のごみと資源の分別方法や粗大ごみの処理手数料等に関する利用者の質問とその回答を、チャット形式で確認することができるサービスです。

従来は、横浜市資源循環局ホームページ上にある、ごみと資源の分別方法を検索できるシステム「MIctionary(ミクショナリー)」の大量の情報の中から、利用者の入力する検索ワードに部分一致する全ての情報を提示していたため、検索ワードによっては多くの検索結果から利用者が回答を探す必要がありました。この度、39worksから生まれた「Repl-AI(レプルエーアイ)」を活用することで、これまでより効率的に必要な情報を得ることが可能になります。また、対話形式での案内にすることでシステム利用に不慣れな方にも分かりやすい検索の方法を提供でき、オペレーションの省力化が期待されます。

今後は横浜市と協力し本サービスの実用化に向けた検証をするとともに、各自治体が抱える社会的課題の解決に取り組んでまいります。

「イーオのごみ分別案内」は以下から利用いただけます。
横浜市資源循環局ホームページ